読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷宮キングダムキャンペーン第二話「僕の迷宮アカデミア」

冷凍林檎です。みなさん如何お過ごしですか?

これ書いてるのは前回ツクエアソビ(10/30)から2週間くらいたってますけどもあんまり気にしないです。忘れてただけなので。

 

さてこのブログ何かといいますか、前ブログを参照していただければわかりますように、ツクエアソビでシニカルポップダンジョンシアター迷宮キングダム

 

約1ヶ月ごとに国王や大臣がどこの馬とも知れない奴に変わる

 

っていう不思議キャンペーンです。その第二話

 

↓ここからキャンペーン内容

 

冷凍林檎実は始めて迷宮キングダムをやるのでなかなかダンジョン作成もエネミー配置も頭を悩ませましたが、一番わからなかったのが

 

「で、迷宮キングダムってプレイヤーになに扠せんの?ダンジョンハック?」

 

とか思いニコニコ動画やインターネットでいろいろ検索かけて、

・国を維持させる

・国の為に新たに現れた迷宮や他国の依頼でどっかの迷宮へ行く

・迷宮とはいえ内部はどうなっててもいい(梅田駅でも樹木でも)

 

がわかったので、たまたま目の前にあったヒーロー物の漫画本が目に入り語呂もよかったので、こんなシナリオタイトルになりました。

 

 王国「第三中村区役所共同体」の周辺にいきなり学校が現われたのでランドメイカーたるプレイヤーはそこが安全が学び舎であるかどうかの調査に向かうというお話。

 いざセッションが始まると経験者から

 

「この王国、なにかがおかしい・・・」

 

とのお言葉をいただき、どうやら前回のラストになにかがあったようで大変残念な状態の国からスタート。国王、大臣、忍者、神官、神官、騎士で構成されたパーティーはそうそうに自国へハリボテで色々作り、「俺らが無事なら後世は知らん」を合言葉に安上がりで国を再構築させなんとかこんとか準備を進めていきました。

 

 さぁ旅の始まりだ。このゲーム目的の迷宮へ向かうために「道中表」という旅の出来事ランダム表を振る必要があるのですが、経験者の多くは「道中表が最大の敵」と言われるほどに理不尽で抗いようのない不幸が降りかかるようにできているのです。

 

しかしGMまさかのこの表に裏切られる。

 

本来6回振ってもらうはずのこの表、2回目のダイスの結果「既知の土地にランダムワープ」。本来5箇所あり自国、自国、近隣国、近隣国、学校の中からのランダムであり、高確率で地獄を味合わせることができたはずでしたが

 

「出目5、あ、学校ですね」

 

はいワープ!

みんな元気に学校へ登校です!!!!!!!!!!!!!

 

ですがもちろん学校にもいっぱいの罠。校門をくぐった瞬間、GMより「みなさんこの学校へ入学しにきたんですよね?」と質問。もちろんこれは仕掛けておいた罠【キノピオ】、簡単にいうとこの罠がある空間で嘘をつくと痛い目をみるタイプのものがあったのですが流石大臣素早く「あ、見学してから決めます」と切り返し。

 

その後も【こたつ】【体重計】【水槽】等など様々な罠が宮廷を襲うのですが、大臣と国王の活躍により片っ端から発見解除を繰り返す。忍者?出目に苦しめられ落ち込んでましたよ。

 

初戦闘は図書室に現れた申し訳程度のハロウィン要素、かぼちゃ頭*4体。いざ尋常にトリック・オア・トリート!

 

騎士「イエス、DIE」

 

後衛並んだかぼちゃ後攻、爆弾持った騎士の特攻

そして消え去る僕の行動

戦闘終了です。一瞬で全てのエネミーが消えてなくなりました。

 

淡々と戦闘マップを片付けボス部屋の準備

 

罠が無いので意気揚々と入ってきた宮廷へ

「支配者スキルでいま戦闘トラップを選択して並べます」

と宣言。いそいそと罠を選ぶのですが(あんな戦闘じゃ宮廷の戦闘力測れねぇよ・・・)とか考えながら戦闘マップへ

 

【落石注意】【底なし沼】【呪圏】をセット、いざ尋常に勝負!笛吹き男を支配者添え、周りを小人さん、羽妖精で囲んで叩く予定が、またも騎士の爆弾で羽妖精が消え去り、小人さんを無視する連中を殴れば神官が回復させ、笛吹き男の【魔笛】によって民を減らしてやろうとするも外れしかた無しに持っていた笛で殴り掛かる蛮行。

 

善戦するも騎士の攻撃力と神官の回復、大臣の先制奪取により支配者撃破。残りの小人は降参し自国の民として招き入れられました。

 

学校が危険なことはわかったので、民をここにはかよわせられないよねーと話しながらたまたま入っていなかったダンジョンを開ると中では小鬼と小鬼英雄が小鬼紳士校長にがセーラー服とブレザーを見せどちらの制服にするか詰め寄っているシーン。すかさず大臣が小鬼紳士を自国に勧誘し、騎士が全員を指差し「イエスDIE」をセリフを決めるカオス空間。

その場を収め、いざ帰国、待っているのは道中表

 

しかし運はGMを見放しプレイヤーに傾く

 

「既知の土地からランダムワープ」

 

はいでました自国へワープ。全員ピンピンして帰国です。

 

その後は維持費の精算や国の成長などの処理を行いセッション終了デス。

 

始めての迷宮キングダムは私に爆弾と騎士の組み合わせはやばいということを教えてくれました。

 

民はぎりぎり黒字、モンスターの民も増え、自国の土地も広がり、国の運営としては非常に良い結果になったと思います。あとは次のGMひでゆきがどうしてくれるのか、いまから楽しみです。

 

では次回シニカルポップダンジョンシアター迷宮キングダム

第三話「そうだ。恐都、行こう」

11/20にカミングすーん!